カービュー 車査定

そもそも車査定とは?

愛車を査定するなら一括査定!↓

 


車査定という言葉はよく耳にすることがあると思いますが、何となく分かるけど詳しくはよくわからないという方が結構いらっしゃいます。
そこで、【車査定】のとはどういうものなのか?査定の基本を解説していきます。

 

車査定

自動車はその車を所有していた人の使用状況や癖などによって、同じ車種でもそれぞれが違った車歴を持っています。一台一台違った状態の中古車を正しく評価することを”査定”といいます。中古車の状態は、その使用状況によって大きく変化します。それを個人の嗜好によって判断してしまうと、車の評価は大きくバラつきます。バラつきを無くすためには、ある一定のルールが必要になります。その一定のルールに則って判断されるのが査定です。査定では「標準状態」と「査定する車の状態」を比較するところから始まります。

 

※「標準状態」には6つの項目があって、その項目と査定する車の状態を比較して、良いか悪いかを判断します。これらを総合的に判断して査定金額が決定します。

1) 外装・内装は無傷である

 

2) エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること

 

3) 車検の残り月数は3ヵ月以内とする

 

4) 走行キロ数は標準走行キロとする

 

5) タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること

 

6) その他、事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作のないこと

査定の前に注意しておきたいこと

査定士も人間です。仲良くする努力は必要です。

 

査定士といえども人間です。お客の態度によって印象は大きく変わってしまいます。これは、自分に置き換えてみるとよく分かりますよね?やはり、友好的で笑顔を絶やさずに接してくれる人は、感じの悪い人と比べれば、「この人は信用できる人だ。きっと車の扱いも丁寧でちゃんとしているだろう。」というような印象を与えるの想像できると思います。

 

逆に、態度が悪く、ぶっきらぼうなものの言い方をする人は、「きっと車の扱いも雑なんだろう」と思われしまっても仕方ないかもしれません。これは人間の心理として大切な部分ではないでしょうか?

 

必要書類は揃えておきましょう

 

車を売却する際、必要になってくる書類があります。査定を行う前に、揃えておいた方がスムーズに売却できます。

 

車売却の際、必要となる書類

 

※自動車検査証(車検証)

車検証は常時車内に携行が義務付けられた書類です。万が一紛失した際には運輸局で再発行してもらいましょう。

 

※自動車税納税証明書

毎年5月末までに納める自動車税には自動車税納税証明書が付いてきます。車検を受ける際に必要な書類です。そのため買取店に渡さなければいけない書類です。
万が一紛失した場合には各都道府県の税事務所にて、軽自動車の場合は市区役所にて、再発行してもらいましょう。

 

※実印

これは書類ではありませんが、購入時と同様、売却時も委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑は実印になります。実印は、市区町村への登録が必要です。

 

※印鑑証明書

印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。3カ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。

 

※自賠責保険症

車検ごとに次回車検時までの加入手続きを行う、いわゆる強制保険の加入証明書のことです。自賠責保険証がなかったり、期限が切れていたりするとクルマを売却することができません。
万が一、紛失した場合は加入した保険会社に再発行してもらいましょう。

 

※リサイクル券

自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムホームページにて「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトするとリサイクル券の代替として使えます。

 

※委任状

売却するクルマの名義変更手続きを買取店に任せるときに必要な書類です。書類には実印を押します。なお、委任状の用紙はお店で用意してもらえます。

 

※譲渡証明書

クルマを譲渡することを証明する書類です。委任状と同様に、実印を押します。なお、譲渡証明書はお店で用意してもらえます。

 

※住民票

車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。引っ越ししたら、きちんと車検証も住所変更しておくことをオススメします。

 

 

査定において、洗車・車内清掃の重要性

 

車を査定してもらう前には、やはり洗車も重要ポイントの一つです。キレイになっていれば、査定士も「これは大事に使われていたんだな」という評価になりやすいです。また、外見だけでなく、車内の清掃もしておきましょう。査定は外見だけでなく、車内から足回り、フレームに至る隅々までチェックします。車内もその一つ。
灰皿が一杯になっていたり、シートに食べかすなんかついていれば、気持ちのいいものではありません。当然「粗末に扱われていた」判定になります。シートやマットの清掃、内窓も綺麗にして、少しでも査定価格が上がる努力を惜しんではいけません。

 

 

査定依頼後の電話やメールについて

 

カービューの一括査定は非常に便利なのですが、無料で一括査定出来るのは、買取り業者さんが一括査定会社さんと提携してお金を支払いお客さんを紹介して貰っているからであり、一台でも多くの買取りをしたいというのが本音です。

 

査定依頼後には電話やメールがたくさん来ますので、「自分の車は今どのくらいの査定額だろう?」などと興味本位で査定依頼すると面倒に感じるかもしれません。売却したい時期が来たときにお願いするのが一括査定を利用する時の理想と言えます。

 

自動車を売却する時に知っておきたいコツ

自動車売却で査定価格を少しでもアップしたいのが誰しも思うことですよね?ここでは、これを知っておけば自動車はかなり高く売れる情報を提供していきます。

 

販売店での下取り価格と買取り専門店の買取り価格を必ず比較する

 

自動車を買い替える時などで自動車を売却や下取りに出したことがある方なら、買取店の方が自動車が高く売れると聞いたことがあると思います。新たに自動車を売却して購入するのだから、下取りの方が高い査定額になるはずという固定観念は持っていませんか?だとしたら、高値で売却できるチャンスをみすみす逃してしまっているかもしれません。

 

自動車の販売を主としている新車ディーラーや中古車販売店と比べ、買取りを主とする買取り専門店は様々な販売ネットワークを持っていると言われています。買取った自動車を再び売っていくルートが色々あるわけですから、少し高く買取ったとしても十分利益が出ます。従って、買取り専門店の方が高額になるのは何となくお分かりいただけると思います。

 

※実際にディーラーから買取り専門店が自動車を買取るなんてこともあります。

 

え??そんなことあるんだったら直接買取り専門店に売却しよう!って思いますよね?どちらにしても、販売店の下取り価格と買取り専門店の買取り価格を比較して間違いはありません。実際、価格差が10万円以上違ったなんてことがざらにある業界ですから、めんどくさがらずに比較した方が損はしないでしょう。

 

 

一社の買取専門店での査定は避ける

 

ここで、注意しなければいけないのが、買取り専門店だからと、近くの買取店一社の査定だけで終わらせないでください。基本的に買取り専門店の営業マンは「安く買えば買うほど自分の実績になる」ので、一社の査定だけでは本当の査定価格は見えてきません。営業マンは買取りのプロです。私たちが何の比較対象を持たない状態では、値段を叩かれて終わりです。

 

そして、自動車に詳しい人やネットで相場を調べたりする方も気を付けてください。なまじ自動車の事をわかっていると、営業マンからしたら納得させられる材料が増えるので攻略しやすいのです。極端に言えば「私は自動車の事はさっぱりわからないけど高く売却したいんです!だから、高く買取ってくれるところに売却します!」という人の方が口説くのに難しいでしょう。

 

細かなところはどうでもよく、価格だけが最大の関心事と思ってもらうアピールが大事です。とにかく自分が出来るだけ不利な立場にならないために、買取り額を比較することが非常に重要です。

 

自動車一括査定は、複数の買取店が複数いて買取り額を競争するので、高額査定も期待できます。自動車売却の際には複数の買取店で査定依頼するのが高価買取のカギとなります。

 

複数の買取店に依頼したら、最後の買取店の査定が終わるまで売却しない

 

これも重要な要素の一つです。一括査定を依頼すると、早い買取店ではわずか1分で連絡が来ることもあるそうです。そして、これからすぐに伺いますとアポイントしてきます。これは、他の買取店と比較される前に買取りしてしまいたいからです。ですから、すべての買取店の査定が終わるまでは絶対に決めないようにしましょう。

 

 

自動車を売却額を少しでも高くするためのコツまとめ

 

今までの事を踏まえ、一括査定の際は以下の事に注意しましょう。

 

全ての買取店の買取り額が決定するまでは売却しない。

 

自分の自動車の事を詳しく知っていてもアピールはしない

 

自分から売却額の提示はぜったいしない

 

とにかく売却価格が高くなることが最大の関心事

 

さらに、より良い方法が買取り専門店の営業マンを同じ日の同じ時刻に呼んで、一斉に査定してもらうという手法もあります。これなら、一社ずつ時間取って査定してもらうより時間の節約にもなります。後日連絡を貰ったら査定価格を提示してもらい、他の査定価格と比較して値上げ交渉することも可能です。

 

このように、ちょっとしたコツで自分の愛車が高くなります。知っていると知らないとでは雲泥の差と言ってもいいと思います。あなたもちょっとしたコツで自動車売却をお得に行ってくださいね。

自動車の買取り相場はあくまでも目安として考えましょう。

自動車の買取り相場の正しい見方

 

まずは、自分の自動車の買取り相場を調べる上で注意しなければいけないのが、“車の買取り相場はあくまでも目安として考える”という事です。自動車は一度でも走行すれば、使う人のクセや使い方によって同じ車種でも違った車になり、それが車歴となります。すべて一点ものと考えましょう。

 

中古車の評価は次の項目によってある程度決定します。
1) 外装・内装は無傷である

 

2) エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること

 

3) 車検の残り月数は3ヵ月以内とする

 

4) 走行キロ数は標準走行キロとする

 

5) タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること

 

6) その他、事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作のないこと

当然、「走行距離」や「年式」によってある程度の相場は決まってきます。しかし、あくまでもこれは一つの指標として捉えてください。この指標に「人気車種 」「人気のカラー」「中古車市場での流通性」などの変動条件が加わって買取価格が決定します。

 

例えばモデルチェンジ。モデルチェンジをする前とした後では、中古車市場の価格は非常に大きく変動します。走行距離も、ある程度の距離を境に価格が急に下がると言われています。

 

 

このように、決まった項目の他にいくつもの条件が重なって買取価格は決定します。ですから、買取価格の相場はあくまで参考として考えましょう。ただし、その参考価格も分からないと、いざ査定の時に、その価格が高いのか安いのかわかりません。おおよその買取価格は知っておいたほうが良いでしょう。

 

買取価格の相場で調べるのに便利なのが、カービューの「みんカラ買取り相場」です。非常に参考になるので、買取り相場を調べる際に重宝しますよ。

 

 

買取り相場を知っておいてから査定をすることによってある程度の目安が付きます。、査定価格が買取り相場に比べてあまりにも低い場合には「なぜ相場とこんなにも差額があるのか?」交渉の一つになります。買取り価格は査定をして初めてわかるものなので、買取り相場を鵜呑みにし過ぎないよう注意しましょう。

 

カービューの一括査定の他との違い

あなたは愛車を少しでも高く売りたいとお考えですか?

 

ここでおススメの一括査定をご紹介します。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、それは「カービュー」というものです。

 

カービューが他の車比較サイトとの一番の違いは、車専門SNS「みんから」を運営している事です。「みんから」は登録者数が80万人以上の業界最大手のSNSです。なぜ車査定一括サイトにSNSが関係あるのか?それは「みんから」の車の情報量です。

 

 

「みんから」は国内外の車種をを網羅しているため、投稿者が自分の車のスペックなどの情報だけでなく、いくらで売却したなどの情報も非常に充実しています。自分の愛車の車種が、今いくらで売却されているかが利用者目線でわかるので、非常に信頼出来るということですね。

 

 

カービューは提携200社以上、有名店から地域密着型まで幅広く対応しています。そのため、あなたが一括査定を依頼した時には最大で8社の見積もりを依頼することができ、あなたの自宅に近い買取店が自動で選ばれて査定依頼することが可能になっています。

 

カービューは、車一括査定サイトの歴史の中で最も古いと言ってもいいほど以前から運営しています。1995年頃からインターネットが各家庭にも普及し始めたのですが、その頃から車の一括査定サイトのシステム化が進められてきました。そして、2000年にそのサービスを開始しました。その頃から、便利さと高価買取で人気を集め、現在では業界トップクラスの累計で400万人以上に利用される大きなものとなりました。歴史の深さも信頼となり、人気の秘密の一つになっています。

カービューの一括査定を利用した人はどのような口コミ・評価をしているのでしょう?

カービューの一括車査定を利用した人の口コミを覗いてみましょう。

 

東京都 男性 車種:グランドボイジャー 【年式】2005年式 【走行距離】40,001〜45,000km

 

他の買取り業者に依頼していたのですが、ギリギリでカービューの出張買取依頼したら前者よりも買取価格が良かったので依頼しました。

 

大阪府 男性 車種:HONDA エリシオン 【年式】2005年式 【走行距離】110,001〜120,000km

 

販売店での下取り額が安かったので、今回初めて買取店での査定をしてもらいました。会社のよって金額が結構違うのがよくわかりました。

 

福岡県 女性 車種:日産 オッティ 【年式】2006年式 【走行距離】25,001〜30,000km

 

現在乗っている車の査定価格が知りたかったので査定依頼しました。買い替えはまだ先だと思っていましたが、提示金額を頭金にすれば今すぐに買い替えできると思い、売却しました。

 

京都府 女性 車種:日産 ノート 【年式】2005年式 【走行距離】100,001〜120,000km

 

連絡を貰ったのも早く、買取り額も他社に負けじと頑張ってくれた。勿論、対応が良かったのも大きい。

 

群馬県 男性 車種:スバル インプレッサWRX STI 【年式】2002年式 【走行距離】90,001〜100,000km

 

インプレッサでもS202というちょっと変わった車だったので、スポーツカーを専門に扱っているところに査定してもらうのが一番と判断しました。

 

神奈川県 男性 車種:トヨタ プリウス 【年式】2009年式 【走行距離】35,001〜40,000km

 

初めての車売却ということもあり、どこに頼んだらいいのかも分からず、一括査定を受ける事にしました。7社から査定を受け、最後に査定に来てくださった会社に売却を決めました。スタッフの方がとても親切でした。

 

>>>詳しい口コミを「みんから」で見てみる方はこちら

 

カービューの一括査定と「下取り」「買取り」の違い

カービューでは自分の車を色々な買取会社がどの値段で買い取ってくれるのか、無料見積りをしてくれます。では、「下取り」と「買取り」の違いはどこにあると思いますか?

 

 「下取り」「買取り」「一括査定」それぞれの特徴

 

愛車を査定するには大きく分けて3つあります。

 

下取り
「下取り」は、今まで最も多く利用されてきた方法です。新車や中古車を購入する際、いらなくなった今までの愛車を下取りしてもらい、新しい車の購入代金に充てる方法です。

 

下取りの場合、購入と売却を一緒にやってもらうので、「時間」と「労力」が掛からないという長所があります。しかし、他店との比較をしていないので、下取り価格が低くてもわからないという短所があります。

買取り
「買取り」は、自分の足で知っている各買取店を回って愛車の査定をしてもらいます。その為自分で回って一番高いと判断したお店に売ることができる長所があります。その反面、どうしても時間と労力が掛かります。自分の足で回るので、回れる範囲も限られてきてしまうという短所があります。
一括査定
この方法は、「下取り」と「買取り」の両方の長所を持ち合わせ、短所を無くした方法になります。自宅に居ながらインターネットで高く売れるお店を探す。それが「カービューの一括査定」サービスです。

多くの買取店が入札形式で競合して値段を決めるので、高額査定になりやすいのも特徴です。

 

カービューの一括査定利用実績

カービューは業界で最も多くの実績があります。

 

カービューの買取りは、これまで累計400万人(2016年6月時点)の圧倒的な実績があります。なぜ、こんなにも多くの人が利用したのか?それには、事故車や商用車(トラック・バスなど)の買取りも一括査定を申し込めることが一つの要因と言えます。これは、他の査定サービスは意外と行っていない事なんです。商用車や事故車などは、一般の車とは査定基準が異なるため、利益を出すためには、他の販売ルートを持っていなければいけないので、なかなか参入出来ないのが現状です。

 

    

 

カービューには海外の販売ルートを確保しているため商用車や事故車の買取りが可能になるのです。
さらに、複数の買取店が無料の出張査定を行うこともできるので、複数の店舗で競合するので、当然価格も上がってくるのです。

 

カービューは大手の買取店が多数加盟している

 

代表的な買取り加盟店

 

代表的な買取店には、「アップル」 「ガリバー」「ビッグモーター」「カーセブン」「ラビット」「カーチス」「Tアップ」など、耳にしたことのある名前が多数あります。

 

これら大手の買取店から見積額を出してもらうことによって、自分の愛車の本当の査定額が見えてきます。そこで、各社競合してもらうため価格交渉を行うことで、さらに価格が引き上がる可能性も十分考えられます。

 

一括見積サービスを利用する際に、どの見積サービスを選択するのか?それには、どの買取店が加盟しているのかが大きな決め手になります。カービューは、業界大手の買取店が加盟していて、その数は200社以上になります。

 

これだけの仕組みや情報量があるので希望に沿った査定金額を出すことが出来るわけです。一括査定を行う上で、カービューは外せないサービスと言えます。